Homeお品書き店内こだわり歴史アクセス
 

店長 熊谷

スープ作りに心を込める。バイクで駆けるトキメキが好き。

スタッフ 清水

細いのに大食い。ゴルフが好き。だけどなかなかコースに行く時間がない。

スタッフ 中野

西新本店で修行経験あり。話す言葉は博多弁。東京での生活に少しづつですが慣れてきました。笑顔で頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 


豚骨だけの混ざりもののないスープは、店内のスープ室で、宮崎県山間部で育った健康な豚の骨を焦がさないように細心の注意を払いながら、約36時間煮てつくっています。

シンプルだからこそ、ごまかしようのないスープ。


入荷する豚骨は個体差、季節によっても味が違いますので、毎日同じ味を提供するために日々奮闘しています。

骨の髄まで溶け出している白濁スープなので、コラーゲンが豊富。つまり女性にこそたくさん召し上がっていただきたいスープです。

豚骨だけのスープには、本来、脂こってり感は全くありません。豚骨ラーメンの脂っぽさがちょっと・・・と思っている方は、是非一度、当店のスープをご賞味ください。

「コクがあるのに、意外にもあっさりしていて、美味しい」と思っていただけると考えています。



博多ラーメンのはじまりは、忙しい魚市場で働く人たちに、すばやく麺をお出しするために ストレート、細麺になったと言われています。  

しばらくの麺も厳選した素材からつくられた昔ながらの麺


麺の固さは、下記の4つからご自由にお申し付けください。
 


ハリガネ(粉おとし)  
バリカタ  
固め  
普通
 



※店長のおすすめは「固め」です。   
※麺の量が足りない時は、替え玉をご注文ください。



チャーシューは国産肩ロース、味付けキクラゲ、青森あすなろファームのひまわり玉子、奈良の契約農家から取り寄せるネギなど、素材にこだわって提供しています。

※写真:チャーシュー、明太子、辛子高菜、味付けキクラゲ、ネギ、板のり、玉子
 
しばらくのラーメンはまずはそのままでお召し上がりください。そして、白ごま、紅ショウガ、柚子胡椒などをお好みで入れてご自分の味を作ってみてください。
(カウンター、テーブルにふんだんにお使いいただけるようにおいてあります)

 

 
博多ラーメン しばらく
 

 

 

しばらく しばらく